ホンダのオデッセイは元祖走りのミニバンという異名をもつワンボックスミニバンです

ホンダのオデッセイは元祖走りのミニバンという異名をもつワンボックスミニバンです

ホンダのオデッセイは元祖走りのミニバンという異名をもつワンボックスミニバンです

ホンダのオデッセイは1994年に初代が発売されてから、長く愛され続け、今では“元祖走りのミニバン”という異名をもつワンボックス型のミニバンです。
オデッセイの最大の特徴は、一般的なミニバンよりも全高が低く抑えられている点にあります。全高が低くなっているぶん、セダン並みの走行性能がありながら、車内空間が広いといった特徴があります。
競合車としては、トヨタのエスティマやマツダのMPV、日産プレサージュなどになるかと思いますが、ホンダのオデッセイは実用性を重視した他のミニバンとは違い走行性、スポーツ性にも力を入れており、走りも十分に楽しめる車です。
さらにオデッセイは、インテリアの質感や乗り心地もワングレード上のミニバンという印象を受けます。

 

ヨーロッパではオデッセイのフロントデザインが、スペースシャトルに似ているという点から“シャトル”という名で販売されていますが、個性的な顔立ちなので、デザイン面では好みの分かれる車かもしれません。
オデッセイの定員は7名で、3列シート、4人家族+祖父母といった乗り合わせでもチャイルドシートを設置してもゆとりをもって乗車できますので、お父さんも楽しみながら運転ができるファミリーカーとして魅力のある車ではないでしょうか。